Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行楽日和の秋、ずんずん歩く深入りの旅 ④


タクシー乗り場で暇そうに集まっているアジョシたちのところに行って、
持って行った地図やキャプチャーの写真を見せ、
まず青城(チョンソン)の木がある所に行って、
次に大城里(テソンリ)にある橋に行って、
馬老面(マロミョン)にあるケヤキの木(ロードナンバーワンに出てくるらしい)
に寄ってから、世中(セジュン)小学校に行って欲しいと言うと、
みんなであーだこーだと言いながら分かった分かったと。
どのアジョシのタクシーに乗るのかも分からず、
まあみんなが分かってくれたみたいなので、先頭に停まっていたタクシーに乗車。
運転手は一番お年を召したアジョシだったんですが、
大丈夫だよね分かってるよね
で、しゅっぱ~つ

ところが青城とは反対方向に走り出すではありませんか。(爆)
「アジョシ~、青城に行きたいんだけど。」って言うと、
「分かってるから大丈夫、大丈夫。」って。
きっとこっちから行く近道でもあるんだろうと思っていると、
一向に青城方面に行く気配がありません

そうこうしているうちに大城里にある橋が見えてきてしまいました。
「アジョシ~、あの橋、あの橋。」って言っても
「任しといて、大丈夫だから。」ってな感じで全く聞く耳持たず

車はさらに走り続け馬老面に入って行きます。
ロードナンバーワンのケヤキの木が見えたので、
「アジョシ~、あの木だよ。」って言っても
それがどうしたってな感じで素通り。(爆)
こりゃあもう何を言ってもダメだと諦め、このあとどうしたもんかと考えているうちに
世中小学校に到着です。(爆、爆)

ほらね、ちゃんと着いたでしょ、みたいな感じのアジョシに、
「写真を撮ってくるからちょっとここで待っててくださいな。」と言うと、
アジョシ、「
「待ってるとお金かかるよ。」ってなこと言っております。
結局アジョシ私の最初の説明全然聞いていなかったのか
世中小学校に行くことしか考えていなかったようです。(爆、爆、爆)

「だからぁ、アジョシ~、最初に青城行って、次に大城里行ってから
ここに来て欲しかったのよ。」って言うと、初めて分かったようで
「アイゴ~」って。

とにかくここでタクシーを降りてもバスで回る訳にもいかないし、
新たなタクシーも絶対に拾えなさそう場所なので
このアジョシと運命を共にするしかありません。

まずは小学校の写真をパシャ
1526.jpg

次にバス停付近に行ってもらい、
子ミスクとヨンギュがソウル行きのバスに乗った辺りをパシャ
1527.jpg

そしてウリやマルが子どもの頃に住んでいた家へ。
ここを曲がって、この先を入って行って、
と、もうアジョシは私の言われるまま。(笑)

家の前でアジョシに待ってもらい、
1528.jpg

ここあさんの情報どおり住人がいないらしい鍵がかけられた門越しに
失礼して中をパシャ
1529.jpg

更にウリとマルが歩いていた道の先にある
台所を撮影したというお宅へ。
1530.jpg

縁側でハルモニとアジュモニが何やらお話をしていたので、
ドラマで撮影された台所を見せて欲しいというと
アジュモニが快く扉を開けてくださいました。
1531.jpg

ところが、帰りがけにちょっと寄って行きなさいと言われて
宗教関係らしきパンフレットを渡されまして。
もしかしてこのアジュモニはここの住人ではなくて布教活動中(爆)
いやあ、韓国語分かりませんから~とお断りして
急いでアジョシが待つ場所へ戻りました。(笑)

当初の予定では最後に着くこの世中(セジュン)から
みんなでジャージャー麺を食べた食堂がある官基(クァンギ)へ
バスで行くつもりだったのですが、
結局どこにも寄っていないので、今来た道を逆に戻っていくことになります。
アジョシ~、頼んまっせぇ

ところがここでアクシデント発生
いざスタートと時になってエンジンがかからない
セルモーターが全く回らないし、カチ、カチという音もしない
バッテリー上がりではなさそうだし、被ってる訳でもない。
スターターに問題がありそうな気もしますが。
アジョシは焦っていろんな所に電話しまくっていましたが、
もしかしてレッカー移動とかされちゃうの
アイゴ~、こんなド田舎でアジョシと二人、どうすりゃいいんじゃい
で、暫くしてもう一度キーを回してみたところ
おお~!何もなかったかのようにエンジンがかかりました。
何だか訳分かりませんが、とにかくもう止まらないでよね。

さてさて気を取り直して改めてスタート。
地図を見せて「ロードナンバーワン」に登場する畑の中のケヤキの木へ。
ところが、アジョシ全然違う方角に木を指差して、「あそこだ。」って。(爆)
もういいです。自分で行きますから~。(笑)
1532.jpg

次に行ったのがマルが時計を投げ捨てた橋。
報青(ポンチョン)川に架かる大城橋の近くにある丸い穴の空いた小さな橋ですが、こういう橋は近くにもいくつかあって、ここが最有力候補だったんですが、
実際にマルと同じ位置に立ってみて、正面に見える山の形が
キャプチャーと一致したのでここであることを確信。
1533.jpg
1534.jpg

↓ドラマのキャプチャー
1535.jpg

スタート地点の青山に戻って青城(チョンソン)へ。
「アジョシ~、次左に曲がってくださいね。」
「分かってる、分かってる。」って。
なんかもう、自分で運転した方が早いような気になってきた。(爆)

ヨンギュとハルモニが自転車で走っていた道を通り
1536.jpg

待ち合わせの大きな木に到着。
およよ、東屋が建てられていて肝心の木が隠れてしまってます
1537.jpg

よろず屋もセット用だったみたいでお店じゃなくて普通の家
1538.jpg

残るはジャージャー麺の食堂がある官基(クァンギ)と
派出所がある炭釜(タンプ)なんですが
え~い、もう面倒だ
全部アジョシと行っちゃえ~い
アジョシ~、お願いしますよ、連れて行ってくださいな。
どこまでもお供致しますから~。
って振り回しているのはこの私なんですけど。(笑)
アジョシももう観念したみたいで、どこまででも行きまっせぇってな感じです。(爆)

炭釜の派出所も結局私が道案内して到着。
ウリがマル探しのポスターの連絡場所にした派出所。
1539.jpg

中にお邪魔して、日本から来ましたって言うと警官のアジョシはびっくりした様子。
ここは内部もドラマの映像と全く同じです。
1540.jpg

キャプチャーと比べておんなじだぁ、なんて喜んでると、
警官アジョシもこんな所までよく来たねって感じで一緒に喜んでくれて、
田舎の派出所って暇なんでしょうね。
コーヒーでも飲んで行きなさいよって言われましたが、
タクシーアジョシが待っていることだし、残念ですがお断りしてお別れしました

さて、そこから官基市場まで行ってアジョシとはお別れです。
長い道のりお疲れ様でした
気をつけて帰ってくださいね

ああ~、私も疲れた。(笑)


   -つづく-



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

のーりん

Author:のーりん
ロケ地巡りの旅が充実するよう
ドラマを見ては検索に励んでいる日々です。
ロケ地の写真はホームページ
のーりんのちょあちょあロケ地わーるど
に掲載しています。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。