Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とことん巡る華麗なるルート ②


―2日目―2009/12/12(土)

《行ったロケ地》
☆「華麗なる遺産」(ファンの家、ジュンセがウンソンに自転車をプレゼントした場所、
            ウンソンが自転車で走る道、チンソン食品本社、ジュンセの家、
            ウンソンがウヌのポスターを貼る場所、ウンソンのマンション、
            ジュンセがウンソンにセージティーを飲ませてあげる公園、
            ヒョンジンとイニョンの建築会社、ジュンセの店、
            チンソンソルロンタン本店、スンミがファンを呼び出すバス停、
            ウンソンとウヌが行ったチムジルバン)
☆「シンデレラマン」(ジュ二の実家、ユジンの家)
☆「愛してる」のヨンヒの姉夫婦のビラ
☆盆唐中央公園(「華麗なる遺産」)
☆ミレニアムソウルヒルトン(「華麗なる遺産」)

《ロケ地でのお食事&お茶》
☆ヘプシバレストラン(「華麗なる遺産」)
☆シンソンソルロンタン中洞店(「華麗なる遺産」)

《ロケ地のチムジルバン》
☆梨泰院ランド(「華麗なる遺産」ほか)

さて、いよいよロケ地巡り開始ということで6時出発。
当然辺りは真っ暗。

龍仁のキフン地区は以前の写真で十分間に合うのですが、
「シンデレラマン」のお屋敷があることが分かり、
更にそこは「犬とオオカミの時間」のマオの家とも同じという。
前回の写真に門の一部は写っていたのですが、やはり確めに行くことにしました。

1年半前、あの時はバス番号も定かでなく、バス停で3時間近くも待ったり、
バスを乗り継ぎ乗り継ぎしながらかなり苦労して辿り着いたのですが、
何ともあっさりと到着。

こんなモニュメントなかったよなあ。
222.jpg

全然変わっておりませんなあ。
この地域、これ以上新しい家は建たないんでしょうか?

何か新しい発見はないものかと以前とは違う道で大回りして戻ったのですが、
オモッ!すっごい門構えの家が。これは個人の家?
中を覗くとレールの上に白い汽車が。大金持ちの電車オタクの家?
などと色々想像を巡らせていると
長~い塀の端っこに【アンドレキムデザインアトリエ】と書かれていました。
おお~!もしかしてここにアンドレ・キム先生がいらっしゃるのか?
えらく感動

223.jpg

                (ご冥福をお祈り申し上げます。)

そこから城南の盆唐地区にバスで移動。
行きはソウルから高速であっという間だったにですが、
一般道路のためかなり時間を要します。
ついついうたた寝してしまい、はたと気がつくとすでに
中央公園の辺りまで来ている模様。

当初の予定では九美洞→中央公園→盆唐洞→書峴洞→亭子洞のルートで
回るつもりだったのですが、急遽ルート変更。

地下鉄とマウルバスを駆使しながら何とか予定の場所は全クリ。
ここでもふた駅しか乗らない地下鉄で寝てしまい乗り過ごす。
(オイ!しっかりせんかい。全く緊張感なし。)
盆唐で初めてマウルバスを使ったのですが、遠回りしてぐるぐる回るものの
楽チン楽チン。

盆唐はアートした戸建ての家が目に付きます。
こんな門扉があちこちに。
224.jpg
ヴィラもアートしています。
225.jpg

更に心配していたアクシデント発生。
前回もあるはずでなかった中央公園から寿井区始興洞に向かう唯一のバス310番が書峴駅からも出ていない。
あれはどこを通るんじゃい。

しかたなく野塔駅まで地下鉄で行き、別のバスでなるべく近くまで移動して
あとは歩くことに。

そこからソウルに戻るのですがすでにかなり時間オーバーしているので
これは途中どこかをカットしないといけません。

瑞草区の内谷洞と紫谷洞にバスを乗り継ぎながら寄ったあと
予定していたアジア公園はスルー。
バスを降りずに三成駅まで行き、違うバスに乗り換え
江南区庁近くのレストラン【ヘプシバ】へ。

時間もないことで、庭に入り込みあわよくば写真だけで失礼しようと
バシバシ撮っていると、やっぱり見てるんですねえ。
中から従業員の青年が二人出てきました。
そこで平然を装い、ちょうどランチタイムとディナータイムの間だったもので
「お茶だけでもいいですか?」などと涼しい顔で聞いたりして。

店内土曜の午後というのにガラガラ。
庭が見渡せる一番良いソファーの席に案内してくれました。
青年の一人をふと見ると、「アナタ、もしやシンデレラマン?」と思ってしまうような、
クォン・サンウの筋肉を脂肪に変えたような色白のナムジャ。
しかも黒縁メガネかけてるし。
更にカレシ、「寒くないですか?」なんて日本語で話しかけてきますよ。
コーヒーだけのつもりがついついティラミスも注文してしまいました。(笑)
2階の写真もOKとのことなので、お茶が運ばれてくる間に上に駆け上がり
テラスの写真もパチリ。
ついでにトイレの写真も。

ここはパスタが美味しいらしいのですが、はっきり言ってケーキはNGです。
冷凍ものを解凍した代物です。
時間がないので急いでと言ったのがまずかったのか、
運ばれてきたケーキを口にするとジャリッ。
オイオイ、まだ凍ってるじゃん。
お味もヤマザキのケーキの方がずっと美味しい。
(ヤマザキにティラミスがあるかどうか知りませんけど)
コーヒーもねえ。よく韓国で口にするお湯に色がついただけのコーヒーよりは
マシでしたがブラック党の私としては初めからミルクが入っているのはどうもねえ。
これでケーキ9,000₩、コーヒー8,000₩は怒りますよ、まったく。
サービス料10%は納得しますけど。
226.jpg

二階はこんな感じ
234.jpg

て、憤慨している暇はありません。
これから富川のソルロンタン屋に向かわなければならないんですから。
これからは時間との勝負。
なんとか明るいうちに屋上まで辿り着かないといけません。
まずは7号線で終点の温水まで行き、1号線に乗り換え富川へ。

駅に着いた時にはすでに薄暗い状態。
焦っているもんでバス停がなかなか見つからず。
えいっ、こうなりゃタクシーだ。と乗ったものの街中はかなりの渋滞。

やっと着いて大急ぎで屋上へ。
ふぅ~、なんとか間に合いました。
227.jpg

このビルは他にもいくつかお店が入っていて、屋上はそこの従業員の憩いの場所になっているようで、私が行った時も3、4人のナムジャが煙草を吸っていたのですが、
あちこち写真を撮りまくっていると写ってはいけないと遠慮したのか
早々に退散して行きました。ミアネヨ。

さて、やっと落ち着いてお食事タイム。
土曜日の夕方ということで店内は結構混んでおりましたが、
私が日本人だと分かったようで、窓側の広い席に案内してくれるわ、
キムチやカクテキも切ってくれるわでサービス満点。
夕食ということでちょっとボリュームのあるマンドゥソルロンタンを注文しました。
中に入っているマンドゥは小皿に出してタレをつけて食べるようで
なかなか美味でございました。
228.jpg

店内はドラマの写真がたくさん貼られ、
「華麗なる遺産」のテーマ曲まで流れています。
驚いたのは、レジにいるアガシが日本語堪能なこと。
場所柄日本人が来るような店ではないように思うのですが、
日本で放送されていることから、明洞店からでも派遣されたのでしょうか?

お腹も気持ちも満たされ帰りは駅までバスで行き、
昨夜行かれなかったヨイドのバス停へ。

ここは結婚式場の目の前にあるため、夜でもビルから出てくる人が
ひっきりなしにバス停を占拠するもので、無人のバス停を撮るべく
中央分離帯でかなり長い間シャッターチャンスを待ったのですが結局無理。
この日の夜あたりからかなり冷え込みが厳しくなってきたというのに、
こんな所の茂みでじっと待ってるなんて
絶対怪しい人だと思われたにちがいありません。

そこからソウルの夜景を堪能しながら一路バスでソウル駅へ。

自分の宿でもないミレニアムソウルヒルトンへ行きロビーを撮影。
「遺産」でファンが宿泊した1409号室の前まで行きたかったのですが、
そこはやはり5つ星ホテルのセキュリティの高さからか、
カードキーを差さないとエレベーターが行かない。
ということで断念。
アップしていませんが、ファンとスンミがお寿司を食べたはホテル内のこの店
231.jpg

ホテルはクリスマスヴァージョン
230.jpg

このホテルはカジノが併設されているので日本人観光客がかなり見受けられます。
カジノって経験ないのですが、無欲で行くと結構勝つみたいで
いつかは行ってみたいなあ。
229.jpg

ホテルの近くから南山周回のイエローバスで梨泰院へ。

土曜の夜の梨泰院はもうガイジン、ガイジン、ガイジンばっかり。
ここは六本木か?横須賀か?
という私もガイジンなんですけど。
本日の締めであるチムジルバン梨泰院ランドへ向かうのですが、
ここは狭いし、混んでるしで
ロケ地でなければあまり行きたくないチムジルバンなんですが、
「遺産」で使われた場所が、以前行った時には記憶のない場所だったもので
ちょっと確認を。
案の定「パリ恋」や「ミサ」で使われたのとは違うフロアーでした。
とにかく混んでいて思うように写真が撮れないというのも残念。
でもまあ、体もすっかり暖まり、
ここからバス1本であっという間にホテルまで帰れるというのは嬉しい限りです。

あとは明日の準備をして寝るだけですが、ちょっとテレビをつけたら、
大好きだったシットコム「思いっきりハイキック」の続編
「明日に向かってハイキック」をやっているではありませんか。
ついつい見入ってしまい、気がついたら1時だわぁ。
これじゃあ明日も居眠り、乗り越しかも




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

のーりん

Author:のーりん
ロケ地巡りの旅が充実するよう
ドラマを見ては検索に励んでいる日々です。
ロケ地の写真はホームページ
のーりんのちょあちょあロケ地わーるど
に掲載しています。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。