Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルより遠い?秋田の旅 ②


―2日目―2010/3/8(月)

《行ったロケ地》  すべて「アイリス」
☆ヒョンジュンとスンヒがビールを飲んだ湖畔のレストラン『ORAE』(外観)
☆ユキを人質にしたビックがヒョンジュンを呼び出す『玉川ダム』
☆ヒョンジュンがユキの死に気がついた『新玉川大橋』
☆ヒョンジュンが復讐を企てるアジトの小屋
☆サウがスンヒとソンファが乗った電車に追いついた『阿仁合駅』
☆ハンガリーから逃げてきたヒョンジュンを追ってソンファがやって来た『樹氷平』
☆ヒョンジュンが密航船で韓国に渡ろうとやって来た『秋田港』
☆上海からやってきたチョリョンが街を見下ろす『ポートタワーセリオン』
☆お酒を飲みに町に出たヒョンジュンとスンヒが歩く『すずらん通り』
☆スンヒがソンファの後を追う『秋田駅前』『市民市場駐車場』
☆ソンファとユキが買い物に行く『秋田市民市場』
☆ヒョンジュンが武器を調達する「黒龍貸付」のある『民謡会館』
☆ヒョンジュンとスンヒがお酒を飲みに入った『居酒屋よねしろ』

《ロケ地でのお食事&お茶》
☆居酒屋よねしろ



朝食事前にホテルの近辺を散歩。
一面雪に覆われていますがソウルほど寒くないのがまた不思議。
裏手にあるオートキャンプ場も雪の壁に閉ざされていて近づくことができません。
310.jpg

朝食はバイキングとなっていましたが、なにせ他に宿泊客がいませんから
すべてテーブルまで運んでくれます。
もう和洋とりどりで次から次へと並べられスッゴイ量なんですけど。
(全部平らげましたけどね:笑)
給仕してくれた方、ドラマに出ていた人でした。(爆)

これはほんの序の口
このあと温野菜とかプレーンオムレツとか手作りソーセージとかいろいろ
311.jpg

お腹いっぱいになり過ぎで暫く動けず部屋でゴロゴロ。
こんなことしてるとすぐ時間が過ぎてしまいます。
急いでチェックアウトしてまずは玉川ダムへ。

途中、ロケ地ガイドには出ていないアジトの小屋や
ユキの死に気がついた橋なども発見。

ここから阿仁合に抜けて行こうと思ったところ、またもやおよよ。
この先全面通行止めになっております
312.jpg

オイオイ、ちゃんと調べて行けよ。(誰に言ってるんだか?)
しょうがない、また田沢湖まで戻って違うルートを使うことに。
そもそもスタートが出遅れ、そのうえかなりの遠回りを強いられ、
さらに途中から雪が降ってきたりで
もう今日はのんびりドライブモードって感じです。

阿仁合駅ではちょうど入線してきた急行電車が見れたと
息子その1は喜んでいましたけど。
313.jpg

そこから阿仁スキー場へ。

ここはスキーをしなくても
ゴンドラで山頂の樹氷平まで行き樹氷鑑賞ができるのですが、
2月末の大雨で樹氷がすっかり落ちてしまっているらしく、おまけに雪降ってるし。
頂上に行っても視界開けてなさそうだよねえ。
でもせっかくここまで来たんだからとりあえずゴンドラに乗ってみみましょう。
このゴンドラ、イ・ビョンホンゴンドラっていう名前になったとか?(爆)
314.jpg

かなり雪が降っているので視界悪し
315.jpg

山頂の森吉山に到着 森っちのお出迎え
316.jpg

山頂駅の小屋でスノーシューとストックを貸してもらえるので
それを装着すれば怖い物無しです。
私も始めて使ったのですが、これが結構面白くて。
深い雪にもめり込まず、どんな急坂でも上りも下りもへっちゃら。
樹氷はなくてもこんなできそこないでも感激。
しばらくすると雪もやみ、
急に晴れ間が見えてきて回りの山々がとても綺麗に見えてきました。
317.jpg

コースをぐるっと一周したあと小屋に戻ってコーヒーをいただきながら
樹氷教室の始まり。
樹氷ができる仕組みなどを実験を交えていろいろお話してくださいます。
もうまったりした気分でくつろいでしまい、
この時点ですでにこの先予定していた男鹿半島は断念。
寒風山展望台はちょっと魅力的でしたが3月中旬までレストハウスが閉鎖中らしく、
そうなると展望台への道路も除雪されていないかもしれないし。

ということでそこから八郎潟干拓地を通っていっきに秋田市内へ。

まずは秋田港とそこにあるポートタワーセリオンに行ったのですが、
ロケに使われた展望室は生憎空調配管工事のため閉鎖中。
ひとつ下の階のラウンジからでも港や市街地が見渡せる大パノラマでした。
しかもここなんと無料。
318.jpg

息子その1はこの貨物の引込み線がお気に召したご様子
319.jpg

夕刻も迫ってきたので明るいうちにすずらん通り、秋田駅前、市民市場、民謡会館をまわり
最後のロケ地である居酒屋「よねしろ」へ。

撮影用に取り替えられた入口の引き戸が元に戻っていたので、えっ、ほんとにここ?という感じでしたが、
ガラッと戸を開けると店内は映像どおり。
地元のお客さんで結構賑わっています。

すでにかなり出来上がっているオヤジさん二人連れの隣のカウンター席に座り、
そのオヤジさんたちの相手したり、
ドラマにも出演していたママさんから撮影秘話を聞いたりしながら食べたり飲んだり。
隣の息子その1はビールガバガバ飲んでます。
こいつぅ、運転する気全然ないんだぁ。

20数箇所の候補の中から選ばれたというこのお店、
決め手はカウンター席と壁に並ぶ食器類やインテリアだったそうです。
カウンターには韓国や台湾から訪れたアイリスファンの写真とメッセージが
所狭しと貼られています。何故か1万ウォン札が。
320.jpg

隣のオヤジさんたちが帰ったあと、
さらにまた隣にやってきたオヤジさんたちとも話に花が咲き
すっかり長居してしまいました。
肝心の写真あんまり撮ってこなかったけど、まっ、いっか。

さて、すでに夜の8時を回っていましたがここから我が家までひとっ走り。
でも遠いです。行きより更に遠いです。
我が家までは600km以上です。
途中で夜が明けることもないのでずっと真っ暗。
秋田、岩手、宮城、福島、栃木と次々県を通って
さすがにこの辺りから眠気が襲ってまいります。
助手席でずっと寝ていて、すっかり酔いも覚めた息子その1と佐野SAで交代。
そこからは「着いたよ。」の声で起こされるまで全く記憶なし。

トリップメーターの数字は1702.6km
322.jpg

お疲れさまでしたぁぁぁぁぁ。

生まれて初めての息子その1との二人旅でしたが、
なかなか楽しく貴重な体験でした。
帰った翌日、東北地方は大荒れの大雪だったようで、
ちょっとずれていたら悲惨な目に会っていたかも。
樹氷は見れたかもしれませんけど。(笑)




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

のーりん

Author:のーりん
ロケ地巡りの旅が充実するよう
ドラマを見ては検索に励んでいる日々です。
ロケ地の写真はホームページ
のーりんのちょあちょあロケ地わーるど
に掲載しています。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。