Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルも仁川も坡州も東海もテ~ハミング! ②


―2日目―2010/6/21(日)

《行ったロケ地》
☆「華麗なる遺産」(東海へ行くウンソンとファンが途中で寄った休憩所、
            提案書の提出やミーティングが行われた場所、
             泊まったオートキャンプ場、チョッデパウィ、洞窟、灯台、吊り橋、
            スンミが運ばれた病院)
☆「パスタ」のイタリア料理店「ラ・スフェラ」(夜ヴァージョン)


せっかく東海に行くならあそこもここもと色々行きたい場所はあるのですが、
今回は日帰りということで「華麗なる遺産」の東海市周辺に絞りました。

6時30分発の高速バスに乗るためにホテルを5時半に出発。

荷物持っての行動だった昨日に比べると身軽で楽チンです。
バスと地下鉄を乗り継いで
待ち合わせの高速ターミナルの嶺東線のチケット売り場へ。

無事に巡り合え三陟行きのバスに乗り込みます。
401.jpg

この時間のバスは優等席しかなく、初めて優等席に乗ったのですがどうなんでしょう。
確かに座席はゆったりしていますが、早く着くわけでもなし、
差額7,300w分の価値があるかどうかは疑問。

途中渋滞が少しあったようで3時間半かかって東海に到着。
402.jpg

バスターミナルの前から暫く待ってマンサン海水浴場を通るバスに乗ったのですが、ここでハプニング勃発。

東海市のバスはT-moneyは使えないことは分かっていたし、
市内なら1000wだということも分かっていたのですが、
乗ったバスは三陟からオクゲまで行く着席バスで料金が少し異なるようです。
たぶん1000w以上かかると思って私は1000w札を2枚入れたのですが
(料金1400wでした)
チングはあわてていたのか10000w札を2枚入れてしまったんです。あちゃぁ!
前の方に座っていたアジュンマたちは何やらぎゃあぎゃあ言ってるけど訳分からん。
運転手のアジョシは困った様子でとにかく後ろに行って座れと。
え~っ?あの20000wどうなるんじゃい!
とチングと心配しているとそろそろ降りるバス停が近づいてきます。
と、そこで道路から外れたある建物の前でバスが停まり、
運転手のアジョシがバスの料金箱を外してそこに入って行くではありませんか。
どうもそこはバス会社の建物だったらしく、料金箱を開けてもらいに行ったようです。
もう、チングは他の乗客に平謝りです。私はそれを見て大笑い。
無事に20000wは戻ってきました。カムサハムニダ~。

マンサン海水浴場でバスを降り、電車の踏切を渡ります。
403.jpg

しばらく行くとそこは白い砂浜が延々と続く海水浴場です。
ハイシーズンにはきっと凄い人で賑わうんでしょう。
この日は真夏のような日差しが照りつける日だったので、
早くも海に入っている人もチラホラ。
404.jpg

で、目的はこの砂浜ではなくそこから少し離れたオートキャンプ場。
日陰のない道を延々と歩いていかなくてはなりません。
平日にも係わらずキャンプ場にも何組かの家族連れが。オイ、学校はどーした?
405.jpg

来た道をまた戻り、今回観光公社を通して
いろいろ質問に答えてくださったイさんにご挨拶がてら観光案内所に寄ったところ、
冷たいお水やお茶をご馳走になりながらしばし休憩。
更にいろいろ親切にアドバイスをしてくださりました。
この先、バスでは絶対行かれない高速道路の休憩所に行きたいと言ったところ、
タクシーを呼んでくださり、ドライバーのアジョシにも説明してくださりと
ホントお世話になりました。

タクシーでマンサンICから高速道路に入りオクゲ休憩所へ。
ここからは今行ったばかりのマンサン海水浴場が眼下に広がって見えます。
406.jpg

ここで買って食べたチャンチャルコグマというサツマイモの揚げ饅頭のようなお菓子、
「遺産」でウンソンも食べていましたがそれがとても美味しく、
帰りの高速バスの休憩所でも探したのですが見つからなかった。
これって街中じゃあ売ってないものなのかなあ。
4個で2.000w。結構お高い?
407.jpg

タクシーで再びマンサン海水浴場まで戻ってもらい、
次にそこからバスでチュアム海水浴場へ。

ハイシーズンにはチュアム海岸のすぐ近くまで行くバスがあるのですが、
今の時期は一度バスターミナルまで戻って乗り換えないといけません。
それも一日7本しか走っていない。
それよりも、チュアム海岸に一番近い国道沿いを走るバスに乗って
チュアム入口で降りて歩いたほうが良いと韓国サイトのブログで見たので
そうすることに。

ところが、それには15分ぐらい歩けば海岸に着くと書いてあったのに、
歩けど歩けどなかなか海に出ない。
炎天下の田んぼ道をテクテク。
元気づけに歌でも歌おうとチングと合唱です。
「ある~日、森の中、クマさんに、出会った
「しあわせは~、歩いて来ない、だ~から歩いて行くんだね、
・・・ワンツーワンツー」←ふるっ。
結局20分以上歩いたでしょうか。やっと海岸の入口のトンネルが見えてきました。

マンサン海水浴場とは違いこじんまりした海岸ですが、
東海の代表的な景勝地チョッデパウィがある場所ですから、
お土産物屋や食堂や民宿が軒を連ねています。
408.jpg

そう、それと忘れてはいけない、韓流ブームのきっかけを作った
「冬ソナ」のロケ地として有名になった海岸でもあります。
「冬ソナ」の看板もかなり色あせポツンと寂しく立っていましたけど。
409.jpg

チュンサンとユジンが泊まった民宿の横の階段を上って行くと、
素晴らしい景色が眼下に広がってきます。
「遺産」でウンソン、ファン、ジュンセ、スンミの4人が観光した場所です。
隆起した岩が波に侵食されいろんな形で海からニョキニョキ。
ちょっと不気味な感じもしますけど。
410.jpg

さて、お腹も空いたことだし、立ち並ぶ刺身屋の中の一軒に入ることに。

二階が食堂になっているので眺めも最高です。
ムルフェ(直訳すると水刺身)というものを注文。
さてどんなものが出てくるのか興味津々。
出てきたのは、金物の器にイカや白身の魚の刺身と野菜や梨が入ったもの。
そうめんも添えられています。
そこにお店のお姉ちゃんが赤いスープをた~っぷりかけてくれます。
え~っ、赤いよ。これって辛いんじゃないの?そんなにかけちゃって。
って、混ぜ混ぜして恐る恐る食べてみると、これが実に美味しい。
ちっとも辛くないし甘酸っぱくて、ちょっとピリっとする程度。
冷たくて、ほてった体にはぴったりで疲れも一気に吹っ飛ぶ美味しさです。
411.jpg

もうお腹一杯ですっかりくつろいでしまい、行きに来た道をまた歩くのも嫌になって、
海岸近くのバス停から出るバスが来る時間までここでゆっくりしようということに。
これが後になって大きく響いてくるんですけどね。

さて、そこからバスでチョンゴクドングルという洞窟まで行きます。

入場料2000wを払ってヘルメットをかぶって洞窟探検へ。
412.jpg

所々しゃがまないと通れないような低い天井になっている所があり、
ゴツンゴツン頭がぶつかる。
これ、ヘルメットなかったら頭傷だらけだよなあ。
中はとても涼しく、ポイントごとにライトアップされていて幻想的な雰囲気。
413.jpg

暗くてどこを歩いているのか分からなくなったりしましたが、
なんとか「遺産」に出てきた場所も見つかりました。

残るは灯台と吊り橋です。
そこからは結構近く、バスもあるのですが、
降りてから小高い山を登らなければならないし、
でイさんのお勧めどおりタクシーで行くことに。

途中、具合が悪くなったスンミが行った病院の救急センターに寄ってもらい、
車は灯台への坂道をぐんぐん上って行きます。
車窓からいかにも漁村らしいそそられるような家々や路地が見えましたが。(笑)

ドラマのストーリーが湧いてきそうな家
417.jpg

ここは映画「憎くてももう一度」のロケ地として有名になった灯台らしいのですが、
他にも
「波浪注意報」や「恋風恋歌」や「初恋のアルバム~人魚姫のいた島」の写真が。
えっ?「波浪注意報」は確か巨済島で
あとの二つは済州島が主なロケ地だったような気がしますが。
ここの灯台が出てくるの?
414.jpg
415.jpg

灯台からズンズン下りて行くとあの吊り橋です。
特にどうってことない橋なんですが、まあ「遺産」では印象的なシーンでしたからね。
416.jpg

吊り橋から更に下るとそこはムクホ港。
そこからタクシーでバスターミナルまで戻ります。

ちょうど18時発のバスが出発するところで、急いでチケットを買って飛び乗りました。
東海ともこれでお別れです。

まあ、予定通りに全部回れたのですが、なんか観光地巡りをしただけという感じで
ちょっと物足りなさもありますが。
観光地がロケ地なんだからしょうがないと言えばしょうがない。(笑)

帰りは渋滞もなく3時間で高速ターミナルに到着。

今夜のお食事場所である「パスタ」の舞台になった
島山公園近くのレストラン「ボナセラ」へバスで向かいます。

お店に着いたのが9時半チョイ過ぎ。
418.jpg

営業時間が11時までとHPに出ていたので楽勝と思いきや、
なんかもうお片づけしている雰囲気。
オーダーストップ9時までなんですって。あちゃあ
やっぱり東海でゆっくりし過ぎたようです。

今からお店探してご飯食べてってなると地下鉄もバスもなくなりそうだし、
お昼も遅くてあんまりお腹も空いていなかったので
近くのミニストップでソフトクリーム食べてハイおしまい。(笑)

実は出掛けにホテルの部屋のセイフティボックスが開かないことに気づき、
それが気になっていたので早く帰りたいっていうのもあったんですけどね。

部屋に戻ってセイフティボックスを開けようとしたらやっぱり開かない。
暗証番号を押してOPENの表示が出てもやっぱり開かない。
閉めるときに何か挟まっていたのに無理やり閉めたのが原因かも。
フロントに電話して部屋まで来てもらい見てもらったのですが、
今日はもう遅いので明日なんとかしましょうということに。
え~っ、明日も朝早く出掛けるんですけどぉ。
まあ、なんとかなるっしょ。
でお風呂に入ってバタンキュー





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

のーりん

Author:のーりん
ロケ地巡りの旅が充実するよう
ドラマを見ては検索に励んでいる日々です。
ロケ地の写真はホームページ
のーりんのちょあちょあロケ地わーるど
に掲載しています。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。