Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクシデント勃発!されど頑張れ修行の旅 ②


―2日目―2010/11/15(月)

《行ったロケ地》
☆「セレブの誕生」(ウンソクの家、テヒの伯父が入院している希望療養所、
            新しくオープンしたアイネスコーヒー店)
☆「スタイル」のキジャの家
☆「検事プリンセス」(ヘリとソヌが住むテラスハウス、
ユン検事のビラ、ジョンソンの家)
☆「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」のシニョンが暮らすビラ
☆「あなた笑って」のウェルビーントッポッキ店
☆「グリーンローズ」のスアの実家
☆「イケメンですね」(A.N.JELLの合宿所、テギョンがミニョを連れて行く病院)
☆「オー!マイレディ」(ゲファの元夫の家、ゲファが勤める会社、
      ミヌがミュージカルのレッスンをする「J MOVE」、
ゲファが部屋を借りたことをミヌに告げる公園、ゲファの友人の小児科病院)
☆VILLA de BAILEY(「怪しい三兄弟」「黄金の魚」)
☆「マイスイートソウル」のヨンスの会社「Fresh Cat」
☆「チャンファ ホンリョン」のカン社長が経営するエレクトロンシティ
☆シェラトンフィットネスプルガマサウナ(「星をとって」「ガラスの城」ほか)

《ロケ地でのお食事&お茶》
☆Angel-in-us Coffee 建大ヨンジョン店(「セレブの誕生」)
☆新道林テクノマート内フードコート(「チャンファ ホンリョン」)

《ロケ地のチムジルバン》
☆シェラトンフィットネスプルガマサウナ(「星をとって」「ガラスの城」ほか)


5時半起床。
いつもならササっと仕度して6時には出発というところですが、
やっぱり足がかなり痛い
昨日より腫れもひどくなっているような。
さて、困った。とうしよう。
今日はこのまま部屋にいてぐでぐでしているか。
え~っ、韓国に来て部屋から一歩も出ないなんて考えられないことですよ。
とりあえず、顔洗って、顔作って(化粧するとも言う)、着替えてみよう。

ああ~、痛いよ~
足ズリズリなんで部屋の中の移動もめちゃくちゃ時間がかかる。
が、不思議なことに靴を履いた途端痛みが和らいだような。
う~ん、これはもしかしたら神が与えた試練なのかも。
この痛い足でどれだけ歩いて回れるか。
きっとそうに違いない
とにかく行けるところまで行ってみよう。
いざ、修行の旅へしゅっぱ~つ当然外は真っ暗。

ホテル前のバス停からまずは漢南洞にある順天郷大学病院というバス停へ。
ここは、江北から城南や龍仁へ向かう拠点みたいな場所なので、
市内バスでここまで来た人たちが、
次々やってくる広域バスや着席バスに乗り継いで行きます。
私もここから本日のルートで一番遠くにある龍仁市器興区のドンぺク地区へ。
以前「アイリス」のヒョンジュンとサウの家に行った場所より更に先になります。

途中、城南辺りで夜が明けてきました。
ほとんどノンストップでビュンビュン飛ばすバスは快適。
座っているぶんには足の痛みも忘れるくらいなのですが、やはり降りた途端激痛が

この辺りは、ソウルから距離的にはずいぶん離れていますが、
高速道路のICも近いので大型のマンションが建ち並んでいたり、
まだまだ畑も残っている中に
洒落た戸建てや
533.jpg

タウンハウスがあちこちに点在。
534.jpg

まずは、そんな中でも一際立派な門構えのタウンハウスへ。
「セレブの誕生」でナムグン・ミンの家として使われた場所です。
535.jpg

このテの建物には必ずある警備員室。
やっぱりここにもありました。
536.jpg

「ベパ」のバルトハウスの苦い思い出が蘇ってきますが、
ここは当たって砕けろ、突入作戦開始。
「アンニョハセヨ~。」って警備員室へ。
ところが中は空っぽ。敷地内を暇そうに歩いていた警備員のアジョシがやってきます。
「あの~、ここはセレブの誕生のロケ地ですよね
アジョシ、「うん、うん。」と頷く。
「え~とぉ、日本から来たんですけど、中に入れませんか
アジョシ、にやっと笑って、「どこに行きたいの」って。
入口にあった案内図で目的の建物を指差して「ここ。」
アジョシ、一瞬考えた様子で、「じゃ、おいで。」って手招きしてくれた。
やったぁ中入れるんだ

スタスタ歩くアジョシの後を足引き摺りながら必死で追いかける。
途中、ちょっとした公園みたいな場所があり、
突然アジョシが「ここは、ソン・イルグクがどーのこーの。」って言いだしたよ。

確かにソン・イルグクって聞こえたたんだけど。
何言ってんだろ、このおっさん。
「セレブの誕生」とイルグクと何の関係があるっちゅうの
そこではたと思い出しました。
このタウンハウスを検索している時に、
確か「神と呼ばれた男」の撮影にも使われたとか。(このドラマ全然知りましぇ~ん。)
私も調子にのって、「ああ、ソン・イルグクね。知ってます、知ってます。」って。
アジョシ、「ここはソン・イルグクが立っていた場所だから写真撮りなさい。」って。
はぁ~私、イルグクはどうでもいいんですけど。
って心の中で思いながら一応写真撮りました。(爆)
ここだそうです。
537.jpg

アジョシ、今度は「写真撮ってあげるからそこに立って。」って。(爆爆)
はぁ~私、別にここどうでもいいんですけど。
でもせっかくだから、ハイ、キムチ~。
538.jpg

やっと目的の建物に到着。
539.jpg

ここでもアジョシ写真撮ってくれたし、
本当は前半のワンカットは別の建物が映っていたんですが、
またアジョシ連れ回すのも悪いし、足も痛いし、
もうここだけでじゅうぶんです。
ここまで往復する間、住民の人影全くなし。車も全然走っていない。
改めて見ると、どうもほとんどが空家みたいな感じ。
売れてないのか、投資目的で買って住んでいないのか。
要するに住んでいる人がほとんどいないから中に入れてくれたということなのかな。
アジョシも暇そうだったしね。
それでも嬉しかったよ、アジョシ。カムサハムニダ~

次はそこから少し歩いて行ったところにある別のタウンハウスへ。
ここは「スタイル」でキム・ヘスが住んでいた家がある場所です。
またもや警備員室突入。
540.jpg

ジェスチャー交えたなんちゃってハングルとなんちゃってイングリッシュで
警備員のアジョシとコミュニケーションをとったところ、
オーナーがどーのこーの、ワンタイム?がどーした、とか言っているような。
雰囲気的には絶対中には入れないという感じでもなさそうなので、
勝手に解釈すると、
「今は『スタイル』に使われた家にオーナーがいるので中には入れないけど、
一時間後に来れば大丈夫。」
てな感じかな
ワンタイムを一時間と解釈していいものかどうかはですけど。
まあ、ここはどうしても中に入りたいってほどでもないし、
外からでもじゅうぶん雰囲気が分かるので、一時間待つことなく退散しました。

来た時降りたバス停とは別の場所から今度は城南市へ。

やはり「セレブの誕生」で療養所として使われたセレブな老人ホームに寄ってから
竹田にある「検事プリンセス」のテラスハウスへ向かうのですが、
老人ホームから見える小高い山の上に
「雪の女王」に出てきたボバス病院が見えます。
いつか行ってみようと思っていた場所ですが、この足じゃ寄り道は不可能
541.jpg

「検事プリンセス」のテラスハウスも、
よく登場した庭はきっと建物の裏側にあるんでしょう。
裏側がちょっとした山になっていて階段で行かれそうなんですが、
やっぱりこの足じゃ探索は無理そう

そこからバスで盆唐へ。
無理して歩いているせいか、全身に疲れがまわりバスの中でついつい居眠り
はたと気がつくと、あれっ今通り過ぎた公園は中央公園
あらら、乗り過ごしちゃった。
確かこのまま乗っていればその次に行くつもりの目的地に行ったような?
で、急遽ルート変更。
「グリーンローズ」のスアのお屋敷(があるであろう場所)へと向かいます。

まず見えたのがこの門。
542.jpg

この中の奥の方にある門がドラマに出てきた門のようです。
中には大型犬がニ匹放し飼いです。
でもここはメインの門ではなさそう。
暫く行くともうひとつの門が。
543.jpg

で高い塀が延々と続いている中がどうもあの広大な庭のようです。
ドラマで見た時も「いったい何なのこの家は」って感じでしたが、
そりゃあもう、どえらい敷地でして、どこからどこまでが家なのよ。
ていうか、肝心の家が見えない。
塀の先まで行って裏側に回って初めて家がみえました。
544.jpg

家と庭の全景を見るにはどこかのマンションの上階とか屋上に行かないと無理。
撮影はもちろんクレーン使ったんでしょうけど。
ここって個人のお宅なんでしょうか。
とにかくすっごいお屋敷です。
ドラマの中では城北洞という設定だったので、
かつて城北洞のお屋敷街を探し回ったこともあったんですが、
こんな所にあったんですねぇ。

そこから逆ルートで戻って「検事プリンセス」のユン検事のビラへ。
近くにある「華麗なる遺産」でウンソンが牛乳配達をした家が
オモ、取り壊されて改築中のようです
545.jpg

「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」のビラもすぐ近く。
「ローズマリー」で家族が暮らしていたビラと同じです。
546.jpg

ここは警備員室が建物の2階にあるようで、
わざわざ上がって行って許可を貰うのもなんなんで(笑)
ちょこっと失礼して中まで潜入。
誰とも顔を合わせることもなく無事帰還でしたが、
CCTVにはしっかり映っていたかも。

さて、ここから亭子駅近くの「あなた笑って」のトッポッキ屋に行くのですが、
微妙にルートが変わったので直接行くバスがありません。
バス乗り継ぎや地下鉄を使うのもかなり時間を食いそうなので、
ここはもう、コンセプトに反するもののタクシーを使っちゃえ。

いやあ、早い楽ちん
しかし、これに甘んじては修行になりませぬ。(笑)

次は地下鉄で野塔駅まで行き、バスで寿井洞へ。
今回初めての地下鉄利用です。
階段の上り下りは足に堪えます

「イケメンですね」の合宿所に向かうのですが、
バス停から結構歩かなければいけません。
何にもないだだっ広い道を歩くのもつまらないので、
こんな寂れた商店街や
547.jpg

古い住宅地のあるくねくねした細い道を通って行きます。
548.jpg

ビニールハウスの向こうに、
遠くからでもかなり目立つユニークな家が見えてきました
会社の名前が書いてありまし、車もたくさん止まっていたので、
個人の家という感じではないみたいですね。
549.jpg

元気だったら、その近くにある貯水池を半周ほど行った所にあるかもしれない
「私の男の女」の会長のお屋敷に行きたかったのですが、
行ったはいいものの帰って来れない可能性も。
で、ここは潔く諦めます。
それでも、良才方面に行くバス停まではそこからずいぶん歩かなければいけません。

歩くペースもかなり遅いので、ここから先の予定もずいぶん変更しないとなあ、
なんて考えながらバスでソウル市内へ。

                                     ーつづくー




スポンサーサイト

Comment

すごい~!? 

足が痛いのにこんなに回ったなんて!?!?!?
イケメンの事務所、近くにバス停はなかったはず…と思ったら、あんなに距離がありそうなバス停から歩いたんですね~(@@)

こんな細い商店街もあるんですか?
左(西)から回って行ったのかな?
地図を見ると、右(東)からだと平行してる細い道って見当たらないんですけど…。
  • posted by pojagi 
  • URL 
  • 2010.12/16 13:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

貯水池の北に行きたかったぁ 

野塔駅から2412番バスに乗って23号線のバス停で降りました。
これって右からということ?
細い道は、イケメンの合宿所の南側にある広い道路より
更に南側にある通りです。
そこを右(東)から左(西)に歩いていって北上しました。

あの辺はバス停のない陸の孤島みたいな場所なので
行きたかった貯水池北側のお屋敷も、いつか行くとなると
この道で行くんだろか(汗)

何事も修行、修行(笑)
  • posted by のーりん 
  • URL 
  • 2010.12/16 23:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

なるほど。 

のーりんさんは左(西)回りで行ったんですね。
私は地図を見て右(東)回りのほうがちょこっと近いかなと思ってたんですけど、こっちは広い通りしかなくてつまんなそう。
行ったら、のーりんさんにならって左回りで商店街を見ながら歩こうと思います。

バス停から合宿所まで何分ぐらいかかりましたか?
足が痛いから時間がかかったと思いますけど、私は歩くのが遅いから、それで考えるとちょうどいいかなと。

貯水地・・・う~ん、さらに遠~いですね。
しかし、お屋敷近辺にバス停すらないって…。
この辺、車が運転できないお年寄りは住めないですよね~。
それとも、運転手付きの車があるのか?(笑)

足が治ったら、再びお屋敷目指して修行の旅に出てください。
  • posted by pojagi 
  • URL 
  • 2010.12/17 16:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

意外に近かった 

バス停から合宿所までは20分ぐらいかな?
あそこ絶対中に入れてもらえそうな気がするんですけど。
会社みたいなので平日行ったほうがいいかも。
頑張って突入してテラスに上がってきてください。

お屋敷とバス停は無縁の世界だと思います。(笑)
高速道路のICが近いかどうかの方が重要じゃないかな。

韓国って車の所有率日本よりずっと低いらしいですよ。
確かに車持っていても家の前まで行かれなかったり、
駐車場もなかったり。
タクシー乗った方がずっと効率的かもね。
  • posted by のーりん 
  • URL 
  • 2010.12/18 18:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

私も釜山で膝を痛めて 翌日地下鉄や徒歩をなるべく使わないように 高速バスで地方に出かけたことがありました。
そのせいで肝心のイベントに間に合わなかったんですが・・・^^;
グリーンローズのお屋敷はやっぱりすごいですね~~!
私は犬が苦手なのでたぶん全く近づけないです(涙)

役立たず 

あの犬、私が外の門扉に張り付いて写真撮っていても
で~んと寝そべったままで、番犬の役目は全く果たしておりませんでした。(笑)
お屋敷の全景見たいなあ。

足痛い時はやっぱりバスは助かります。
乗り降りは厳しいけど。
  • posted by のーりん 
  • URL 
  • 2010.12/27 08:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

プロフィール

のーりん

Author:のーりん
ロケ地巡りの旅が充実するよう
ドラマを見ては検索に励んでいる日々です。
ロケ地の写真はホームページ
のーりんのちょあちょあロケ地わーるど
に掲載しています。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。